バイオマスコラム

【解説】炭化バイオマスと半炭化バイオマスの違い・使い分け・メリット

本記事では「話題のバイオマス燃料」の一つとして「炭化バイオマス」と「半炭化バイオマス」を詳しく解説します。 「炭化バイオマス/半炭化バイオマス」を導入することで得られるメリットのほか、「炭化バイオマス」と「半炭化バイオマス」の使い分け方などに、どこの記事にも取り上げられていない「独自情報」を、バイオマスの専門家・草野が、解説します。 本記事を読むことで「バイオマス発電所の収益性をアップするヒント」が得られます。
バイオマスコラム

【専門家解説】バイオマス発電所のDX化とは?収益UPの2つのアイデア

「バイオマス発電所をDX化したい」「バイオマス発電所のDX化で『市場競争力』を高めたい!」「バイオマス発電所のDX化で『収益性の向上』を図りたい」といった思いがある方は、本記事を参考にしてみてください。 「バイオマス発電所の建設コンサルティング/バイオマス燃料の調達サポート」を専門で行っているYK partnersの代表・草野が、詳しく解説します。
バイオマスコラム

【必見】FIT終了後もバイオマス発電所が収益を上げ続ける3つの方法

「バイオマス発電事業をスタートさせたいが、FIT終了後の収益性が心配だ」「バイオマス発電所の経営で、失敗したくない」といった思いがある方は、本記事を参考にしてみてください。
バイオマスコラム

【専門家解説】バイオマス発電所の収益性は?初期費用回収は最短8年

バイオマス発電所の初期投資は「20億円程度」が標準的ですが「売上高」と「収益性の向上」により「最短8年程度」で回収が可能です。 「バイオマス発電所を経営してみたいが、収益性が気になる」「バイオマス発電所の経営で、失敗したくない」といった思いがある方は、本記事を参考にしてみてください。
バイオマスコラム

【専門家記事】バイオマスのカスケード利用とは?定義・メリットを解説

バイオマス資源のカスケード利用とは、バイオマス資源の「品質・用途別」に、余すことなく利用することで、資源を有効活用することです。 バイオマス発電所においては、末端の第5階層にあたる「燃料(=木質ペレットなど)」を用いようという考え方があります。そうすれば、経費の大部分を占める燃料費を大幅に抑えられて、経営が安定するからです。 「バイオマス発電所の経営を安定させるための視点が知りたい」という方にとって参考になる記事です。
バイオマスコラム

バイオマス発電の燃料調達が難しい理由と安定調達する2つの方法を解説

本記事では、「燃料調達がむずかしい」理由と「バイオマス燃料の安定調達を実現するために押さえたいポイント」についてを解説します。 2つのポイントを押さえれば、燃料不足に悩まされることがなくなります。「燃料調達の不安を解消したい」という方にとって、参考になる記事です。 それでは早速、ご覧ください。
バイオマスコラム

バイオマス発電の「環境アセスメント」とは?重要ポイント3つを解説

本記事を読めば、環境アセスメントに対する不安を軽減することができます。 「環境アセスメントの審査が不安だ」「環境アセスメントの審査をクリアしたい」といった方にとって、参考になる記事です。
バイオマスコラム

バイオマス認証とは?おすすめの認証・取得メリット・取得方法を解説

本記事では、バイオマス発電所向けに木質ペレットを生産しているメーカー様におすすめの「バイオマス関連の認証」を3つご紹介し、それぞれの特徴について解説します。「バイオマス認証を取得したいが、どれを選んだらいいのかわからない」という方にとって、参考になる記事です。
バイオマスコラム

「バイオマス発電」がSDGs時代に求められる4つの理由

脱炭素化を実現するうえで、最適な発電方法は「バイオマス発電」です。 これが、本稿における私の中心的な主張です。 バイオマス発電とは、農業残渣や間伐材、家畜の排せつ物、生ごみなどの資源を燃料に用いた発電方法です。脱炭素化を実現するためには「バイオマス発電」を推進していくべきだと、私は考えています。
バイオマスコラム

【専門家が解説】木質ペレットメーカー19社!選ばれるメーカー3つの条件

本記事では、木質ペレットのメーカーを19社ご紹介します。 加えて「バイオマス発電所から選ばれるペレットの条件」についても解説いたします。