バイオマスコラム

バイオマスコラム

有機排水からオイル生産可能な藻類

第三世代のバイオ燃料原料のうち、近年特に注目を集めているのが微細藻類です。微細藻類は他のバイオ燃料のようにオイル生産のための発酵処理等の必要がなく、それ自体がオイル(バイオ原油)を生産する生物です。2010年12月、筑波大学渡邉信教授らの研究グループが発見したのは、有機排水からオイル生産が可能な画期的な藻類です。
バイオマスコラム

バイオ燃料とは

バイオ燃料とは、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を原料に、発酵、搾油、熱分解などの方法で抽出された燃料のことです。バイオ燃料の種類には、バイオエタノール、バイオディーゼル、バイオガス、近年ではバイオコークスがあります。
バイオマスコラム

SDGsとは

SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Development Goalsの略称です。邦訳は「持続可能な開発目標」となります。2015年の国連サミットにおいて全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核をなす、国際社会全体が取り組む目標です。
バイオマスコラム

木質バイオマス発電とは

木質バイオマス発電は、木質バイオマスを燃やしてタービンを回して発電する、あるいはそれらを燃料にガスを発生させて発電します。 天候に左右されることなく、燃料を供給する限り安定的に発電することができ、また発電量をコントロールできるという特徴があります。
バイオマスコラム

木質バイオマスの用途(利用形態)

<!-- wp:paragraph --> <p>木質バイオマスは、その発生する場所(森林、市街地など)や状態(水分の量や異物の有無など)が異なります。</p> <!-- /wp:paragraph --> <!-- wp:paragraph --> <p>それぞれの特徴にあった形態で、大きく<strong>「マテリアル利用」</strong>と<strong>「エネルギー利用」</strong>に分かれます。マテリアル利用とは、バイオマスを原材料として利用することを指します。</p> <!-- /wp:paragraph -->
バイオマスコラム

木質バイオマスとは

木質バイオマスとは、さまざまな生物資源(バイオマス)の中で、木材からなるバイオマスのことです。
バイオマスコラム

藻類バイオマスとは

バイオ燃料の有力な原料として特に注目を集めているのが、「藻類」です。 なぜならば、藻類によるバイオ燃料は、食品利用との競合がない上に、他のバイオマスに比べて桁違いに生産効率が高いからです。
バイオマスコラム

バイオコークス

製鉄や鋳造など高温の熱エネルギーを必要とする鉄鋼業では、「石炭コークス」が燃料として使われています。「コークス」とは石炭を蒸し焼きにして抽出した炭素の塊(多孔質=小さな穴がたくさん空いた状態の固体)です。現在は、石炭コークスの大部分を輸入に頼っています。その代替として期待されているのが、「バイオコークス」です。
バイオマスコラム

バイオマスとエシカル消費

エシカル消費とは、直訳すれば「倫理的消費」の意味。人の良心に則った消費、つまり、地球環境や社会的課題の解決を考慮し、その課題に取り組む事業者のものを購入するなどの消費を行うことを指します。
バイオマスコラム

バイオマスプラスチックと遺伝子組換え技術

バイオマスプラスチックは主に、飼料用や工業用のトウモロコシの一種「デントコーン」からつくられます。アメリカで製造されるバイオマスプラスチックのほとんどが、遺伝子組み換えを行ったデントコーンを原料としており、日本でもすでに市販されています。バイオマス由来プラスチックの原材料が遺伝子組み換え作物でないことを証明することは、現在の分析技術では不可能と言えます。